Watashi no R >> nicovideo

KurageP feat. Hatsune Miku

Lyrics:

watashi, okujou de kutsu o nugi kaketa toki ni

mittsuami no senkyaku ni,-goe o kakete shimatta.

ne~e, yame na yo

kuchi o tsuite deta dake.

hontouwa dou demo yokatta.

saki o kosa reru no ga, nantonaku, shakudatta.

mittsuami no ko wa, kataru.

dokka de kiita youna koto

「unmei no hitodatta doushitemo aisa retakatta」

fuzaken na

son’na koto kuraide watashi no saki o kosouda nante!

hoshii mono ga te ni hairanai nante

ubawa reta koto sura nai kuse ni!

「hanashitara raku ni natta」 tte

mittsuami no ko wa, kie tetta.

saa, kyou koso wa to kutsu o nugi kaketara soko ni

senohikui on’nanoko, mata koe o kakete shimatta.

senohikui-ko wa, kataru.

kurasu de no kodoku o

「mushi sa rete, ubawa rete, ibasho ga nai nda」 tte

fuzaken na

son’na koto kuraide watashi no saki o kosouda nante!

soredemo,-ichi de wa aisa rete

atatakai gohan mo aru ndesho?

「onaka ga suita」 to naite

senohikui-ko wa, kie tetta.

sou yatte, nan’ninka ni koe o kakete, oikakeshite

watashi jishin no itami wa darenimo, ienai mama

hajimete mitsuketa nda

nita youna nayami no ko

nani-me ka ni atta nda

kiiroi kaadigan no ko

ichi ni kaeru-tabi ni

fue tsudzukeru aza o

keshi satte shimau tame

koko ni kita no to itta

kuchi o tsuite deta dake

hontouwa dou demo yokatta.

omotte mo inai koto

demo,-goe o kakete shimatta.

「ne~e, yamete yo」

aa,-doushi-you

kono-ko wa tome rarenai. watashi ni wa tomeru shikaku ga nai.

soredemo, koko kara wa kiete yo.

kimi o mite iruto kurushii nda.

「jaa kyou wa yamete oku yo」 tte

me o fuseta mama kiete itta.

kyou koso wa, daremoinai

watashi hitori dake

darenimo jama sa renai

jama shite wa kurenai

kaadigan wa nuide

mittsuami o hodoite

senohikui watashi wa

ima kara tobimasu.

Japanese:

わたし、屋上で靴を脱ぎかけた時に
三つ編みの先客に、声をかけてしまった。

ねぇ、やめなよ

口をついて出ただけ。
ホントはどうでも良かった。
先を越されるのが、なんとなく、癪だった。

三つ編みの子は、語る。
どっかで聞いたようなこと
「運命の人だった どうしても愛されたかった」

ふざけんな
そんなことくらいでわたしの先を越そうだなんて!
欲しいものが手に入らないなんて
奪われたことすらないくせに!

「話したら楽になった」って
三つ編みの子は、消えてった。

さあ、今日こそはと靴を脱ぎかけたらそこに
背の低い女の子、また声をかけてしまった。

背の低い子は、語る。
クラスでの孤独を
「無視されて、奪われて、居場所がないんだ」って

ふざけんな
そんなことくらいでわたしの先を越そうだなんて!
それでも、家では愛されて
温かいごはんもあるんでしょ?

「おなかがすいた」と泣いて
背の低い子は、消えてった。

そうやって、何人かに声をかけて、追い返して
わたし自身の痛みは誰にも、言えないまま

はじめて見つけたんだ
似たような悩みの子
何人めかに会ったんだ
黄色いカーディガンの子

家に帰る度に
増え続ける痣を
消し去ってしまうため

Advertisements