Shoka, Satsui wa Machi wo Hitasu Yamai no You ni >> nicovideo

Konnichiwa Tanita-san feat. Kagamine Rin

Lyrics:

ao sugiru tenjou kara nogarete

kurutta you ni hieta hako no naka

kemuri o no mu ranpuku ni nirama rete

jibun ga hidoku orokashiku omoeta

konkuriito no ue de kika suru souzou ga yakeni namanamashii

kyou mo shibuya no kensou ga hai ni kisu yume de nemuri ni tsuku

kimi no sono-goe ga kako ni naru mae ni

boku o koroshite kurenai ka

natsu ni doku sa rete yudatta atama de

sorenari no ai o utatte iru

konkuriito no ue o nigete ku you ni, kimi no senaka ni uzumaku chinmoku to enkon o miokuru toki

kimi ga sono-goe o sutete shimau mae ni

boku o koroshite kurenai ka

netsu ni okasa rete ika reta atama de

uso mani no ai o utau

raku gatsu ni toketa hanayome no you ni

shiro ga kimi o tsuresatte mo

kami nado iranai

natsu no fujouri ni tsubusa renu you ni se o mukete

natsu ni doku sa rete udatta atama de

sorenari no ai o utatte iru

Japanese:

青すぎる天井から逃れて
狂ったように冷えた箱の中
煙を喫む蘭服に睨まれて
自分が酷く愚かしく思えた

コンクリートの上で気化する想像がやけに生々しい
今日も渋谷の喧騒が灰に帰す夢で眠りに就く

君のその声が過去になる前に
僕を殺してくれないか
夏に毒されて茹だった頭で
それなりの愛を歌っている

コンクリートの上を逃げてくように、君の背中に渦巻く沈黙と怨恨を見送るとき

君がその声を捨ててしまう前に
僕を殺してくれないか
熱に冒されていかれた頭で
嘘塗れの愛を歌う

六月に溶けた花嫁のように
白が君を連れ去っても
神など要らない
夏の不条理に潰されぬように背を向けて

夏に毒されて茹だった頭で
それなりの愛を歌っている

Advertisements