Planetarium of 12 o’clock >> nicovideo

Soukuu Mame feat. Hatsune Miku

Lyrics:

kimi no koto yoru ni nattara iron’na koto omoidasu nda

kirai ni natta koto mo suki ni natta koto mo

dakedo hiru ni nattara nazeka wasurete shimau nda

kimi no waratta kao o mamoritai nda

boku mo waratte itaikara atama no katasumi ni

kimi o nemura sete oku nda okosanai you ni

demo tatta hitotsubu no hoshi ga mabataki dashita totan ni

takusan no hoshi ga tsunagatte seiza ni naru

ikusen no hoshi ga atama naka o megutte

nagaredashita

kakaeta nimotsu o nagedashite

kimi no moto e to kakedashita

doushite kon’na shoudou ni kara reru nodarou

boku wa jibun no risou kanaetakute

demo kimi ga waratteirukara

kore de ii no ka na

kimi ga boku ni hanashita koto issho ni utatta koto ga

kon’nani boku no koto genki tsukete ita

sono kotoni kidzuita toki wa hoshi no nai yozora no youde

aiiro no sora ga boku ni toikakeru

jibun no kimochi sae dore ga hontou no kotoba ka

wakaranai yo nee

kimi o omou to ganbareru ki ga shita demo

kimi o omouto kurushii nonande ka na

muri datte wakatterunoni kurushiku naru dakenanoni

boku wa mata kimi o omoidasu

boku ga kimi o omottatte kimi wa sore ni kidzukanakute

dareka o aishi tsudzukeru nodarou

kimi ga boku no kimochi kidzuita to shite

demo kimi wa waratteirukara

waratte irukara

yoru ni kimi o omoidashite hiru mo kimi o omoidashita

aozora ni hoshi ga matataite yuku

kimi no koto kirai datte omotta tte

demo kimi ga waratteirukara

yappari sukina no

mahiru no puranetariumu

puranetariumu

Japanese:

君のこと夜になったら いろんなこと思い出すんだ
嫌いになったことも 好きになったことも
だけど昼になったら 何故か忘れてしまうんだ
君の笑った顔を 守りたいんだ

僕も笑っていたいから 頭の片隅に
君を眠らせておくんだ 起こさないように
でもたった一粒の星が 瞬きだした途端に
たくさんの星が繋がって星座になる

幾千の星が 頭の中を巡って
流れ出した

抱えた荷物を投げ出して
君の元へと駆け出した
どうしてこんな衝動に駆られるのだろう
僕は自分の理想叶えたくて
でも君が笑っているから
これでいいのかな

君が僕に話したこと 一緒に歌ったことが
こんなに僕のこと 元気付けてくれた
そのことに気づいた時は 星のない夜空のようで
藍色の空が僕に問いかける

自分の気持ちさえ どれが本当の言葉か
わからないよ ねぇ

君を想うと 頑張れる気がした でも
君を想うと苦しいの なんでかな
無理だってわかってるのに 苦しくなるだけなのに
僕はまた 君を思い出す

僕が君を想ったって 君はそれに気付かなくて
誰かを愛し続けるのだろう
君が僕の気持ち気付いたとして
でも君は笑っているから
笑っているから

夜に君を思い出して 昼も君を思い出した
青空に星が瞬いてゆく
君のこと嫌いだって思ったって
でも君が笑っているから
やっぱり 好きなの

真昼のプラネタリウム

Advertisements