Manhole Diver >> nicovideo

マヤ feat. Hatsune Miku

Lyrics:

sekkachi ga sakasa ni hinekureta

atama no kimitsu mo abu ku tama

itsu made o naoru oshakasama

akirete o heso ga nejikireta

doko made moguredo sokonukeda

gotcha-ra gatte dounimo teokurena

sekai ga doko ka no uragaerija

sorenara soko made iku dakeda

uwasa ni kiita hanashide wa

rojou no ana wa fukashigi ana

bettenchi tsudzuku iriguchi ga

sokora-chuu ni aru to wa kii tenai

yorokobiisamu bokutachi wa

ensoku no mae no hi no you sa

kono mama tonde keba ii nda

son’nande

kon’na suteki doko ni aru

tende mou aimaina boku wa itsu datte

koso ado mo ienai yohou no youde

mukoumizuna gourei ga

maware migi no tsumori wa doko-mukida

kon’na sekai wa itsu ni nattatte

atama no naka mo kodama surukedo sa

sokonuke no seishin ja

don’na kitai datte kanaete mitaikedo

son’na ikuji wa boku ni wanai tte sa

mie o haredomo mie mieda

atama mo tsuini iro boketa

moguri tsukarete bichi ~yonureda

onaka wa nande ka karakarada

doro ni mamirete batatsuita

sorosoro sanso kudasai na

wake mo wakarazu-hi ga kurete

tameiki-majiri no koe ga deta

shinji nukashita tonchiki ga

yorokobu mae no tebyoushi yottsu

mittsu kazoeta koe ga kidotte

atchi mukimashita

tende okashina boku wa itsu datte

akazunotobira no kagi kettobashite

tsukaisuteta unmei wa

sokode migi mo hidari mo wakarazuda

mawaru kanjou ga neji o maite

atama no naka no kotoba mo tsuppanete

soko tsuita koushinda

don’na yumemi tatte waruku wanaikedo

son’na sekai amari kirenai tte sa

kon’na sekai wa itsu ni nattate

koso ado mo ienai yohou no youde

sokonuke no koushinda

sokode migi mo hidari mo wakarazuda

min’na okashina neji o maite

kasabaru kotoba no kitai kettobashite

futameita reijin sa

don’na mirai datte kanaete mitaikedo

son’na ikoji wa boku ni wanai tte sa

Japanese:

せっかちが逆さにひねくれた
頭の気密もあぶく玉
いつまでおなおるお釈迦様
呆れておへそもねじ切れた

どこまで潜れど底抜けだ
ごっちゃらがってどうにも手遅れな
世界がどこかの裏返りじゃ
それなら 底まで行くだけだ

噂に聞いた話では
路上の穴は不可思議穴
別天地続く入り口が
そこら中にあるとは聞いてない

喜び勇む僕たちは
遠足の前の日のようさ

このまま飛んでけばいいんだ
そんなんで
こんな素敵どこにある

てんでもう曖昧な僕はいつだって
こそあども言えない予報の様で
向こう見ずな号令が
回れ右のつもりはどこ向きだ
こんな世界はいつになったって
頭の中もこだまするけどさ
底抜けの精神じゃ
どんな期待だって叶えてみたいけど
そんな意気地は僕にはないってさ

見栄を張れども見え見えだ
頭もついに色ぼけた
潜り疲れてびちょぬれだ
お腹はなんでかカラカラだ

泥にまみれてばたついた
そろそろ酸素くださいな
わけもわからず日が暮れて
溜め息混じりの声が出た

信じ抜かしたトンチキが
喜ぶ前の手拍子四つ
三つ数えた声がきどって
あっち向きました

てんでおかしな僕はいつだって
開かずの扉の鍵蹴っ飛ばして
使い捨てた運命は
そこで右も左もわからずだ

回る感情がネジを巻いて
頭の中の言葉も突っぱねいて
底ついた行進だ
どんな夢見たって悪くはないけど
そんな世界余りきれないってさ

こんな世界はいつになったて
こそあども言えない予報の様で
底抜けの行進だ
そこで右も左もわからずだ
みんなおかしなネジを巻いて
かさばる言葉の期待蹴っ飛ばして
ふためいた霊神さ
どんな未来だって叶えてみたいけど
そんな意固地は僕にはないってさ

Advertisements