Yoru to Kujira >> nicovideo

Noak feat. Hatsune Miku

Lyrics:

boku wa aruite imashita kotae wa mada dasenai mama

hito mo doko ka e sugite itta gozen ni-ji no juuyon-gou

boku wa aru imi shindemashita ougesa kamo shiremasenga

nanika ni shuuchaku suru koto wa tayasukunai kotona ndesu

kousaten akashingou denchuu no kage ni hisomu neko

yarusenakute miageru saki ni yozora o oyogu kujira

mitorete shimatta nda yami ni ukabu sono sugata ni

genjitsu to yume no kyoukai ga boyakete ita

toki wa tomatta mama boku wa kaerenai mama

sukoshi hadasamui kaze ga tourinukete ku yoru ni

boku wa aruite imashita kotae wa mada dasenai mama

dareka ni utoma reru koto wa shikata no nai kotona ndesu

fumikiri no keihou-tou doko e demo ikeru ki ga shita

tsuki ga kakure miageru saki ni arawareta sono kujira

tachitsukushite itanda me no mae no sono koukei ni

shinjitsu to uso no kyoukai ga kie kakete ita

dare mo kidzukanu mama nani mo kawaranai mama

yurari yurari kumo no naka e kiete itta

kitto kimi wa bokudatta ndarou

naze sou omou nda

mitorete shimatta nda yami ni ukabu sono sugata ni

genjitsu to yume no kyoukai ga boyakete ita

sokokarananigamieru boku wa dorehodo chippoke dai

son’na mono wa saisho kara nakatta nda

sayonara-kimi ni tsugete hitori aruite iku

「itsuka kitto…」

yoru ga mou owarou to shite iru

Japanese:

僕は歩いていました 答えはまだ出せないまま
人もどこかへ過ぎてった午前2時の14号

僕はある意味死んでました 大袈裟かもしれませんが
何かに執着することは容易くない事なんです

交差点 赤信号 電柱の影に潜む猫
やるせなくて見上げる先に夜空を泳ぐクジラ

見とれてしまったんだ 闇に浮かぶその姿に
現実と夢の境界がぼやけていた
時は止まったまま 僕は帰れないまま
少し肌寒い風が 通り抜けてく夜に

僕は歩いていました 答えはまだ出せないまま
誰かに疎まられる事は仕方のない事なんです

踏切 警報灯 何処へでも行ける気がした
月が隠れ見上げる先に現れたそのクジラ

立ち尽くしていたんだ 目の前のその光景に
真実と嘘の境界が消えかけていた
誰も気付かぬまま 何も変わらないまま
ゆらりゆらり雲の中へ消えていった

きっと君は僕だったんだろう
何故かそう思うんだ

見とれてしまったんだ 闇に浮かぶその姿に
現実と夢の境界がぼやけていた
そこから何が見える 僕はどれほどちっぽけだい
そんなものは最初から無かったんだ

サヨナラ君に告げて 一人歩いていく

「いつかきっと…」

夜がもう終わろうとしている

Advertisements