Ai no tane >> nicovideo

Rairoo feat. Hatsune Miku

Lyrics:

tataita tenohira ga
netsu o obite, jinjinto. uzuku
「darenidemo-soudesho?」
yasashiku shinaide.

namida de mienu sekai ni
tomadou koe de sasayaku,-oto wa
yasashiku dakara iratsuku
dokusen shi chatte wagamama ni

mata nozon denai
souzou no katasumi ni
obiete iru, kitto
yoru mo, unasarete nerenai.

kimi to baibaibaibai
sayonara kaeshite sono ai o
tane o uetsukeru dake
me ga detara poide
shirankao
kimi to baibaibaibai
sayonara kaesu yo kono tane o
ai no akashi nante
mou iranai
demo ne, kuse ni natteru no.

ano hi made wa, inakute mo
heikidatta. shikushiku to, itamu.
mou inai nante hibi
kangae renai

yowaku natte shimatta.
hibi ga haitta garasu no you ni
nanigenai kotoba de
itomokantan’ni kowareru

yuuhi ni terasa reta
heya no katasumi de
hiza o kakaeru nante
「watashirashikunai」
to tobidasu.

kimi to baibaibaibai
sayonara ageru yoso no ai o
afure deru omoi o
poukaafeisu, kakushitara
kimi to baibaibaibai
satorare nai you ni kiwotsukete
kokoro, ubaitoru made
dameyo kono ame wa
zettai watasanai.

kimi to.
kimi o
motomete.

kimi o aiaiaiai
ai shite agerukara kotchi oide
hoka no hana, mihoretara
koroshite ageru kakugo shite
kimi o aiaiaiai
ai shite ikiru koto ni shita no
demo ne, ame wa agenai.
gaman sureba itsuka
ai ga hanasaku no

kimi to baibaibaibai
sayonara kaeshite sono ai o

kuchi ni dasenai
mousou ga hirogaru no.

Japanese:

叩いた手のひらが
熱を帯びて、ジンジンと。疼く
「誰にでもそうでしょ?」
優しくしないで。

涙で見えぬ世界に
戸惑う声で囁く、音は
優しく だからイラつく
独占しちゃって我儘に

また望んでない
想像の片隅に
怯えている、きっと
夜も、うなされて寝れない。

君とバイバイバイバイ
さよなら 返してその愛を
種を植え付けるだけ
芽が出たらポイで
知らん顔
君とバイバイバイバイ
さよなら 返すよこの種を
愛の証なんて
もういらない
でもね、癖になってるの。

あの日までは、居なくても
平気だった。 シクシクと、痛む。
もう居ないなんて日々
考えれない

弱くなってしまった。
ヒビが入ったガラスのように
なにげない言葉で
いとも簡単に壊れる

夕日に照らされた
部屋の片隅で
膝を抱えるなんて
「私らしくない」
と飛び出す。

君とバイバイバイバイ
さよなら あげるよその愛を
溢れ出る想いを
ポーカーフェイス、隠したら
君とバイバイバイバイ
サトラレ ないように気をつけて
心、奪い取るまで
ダメよこのアメは
絶対渡さない。

キミと。
キミを
求めて。

君をアイアイアイアイ
愛して あげるからこっちおいで
他の花、見惚れたら
殺してあげる 覚悟して
君をアイアイアイアイ
愛して 生きることにしたの
でもね、アメはあげない。
我慢すれば いつか
アイが花咲くの

君とバイバイバイバイ
さよなら 返してその愛を

口に出せない
妄想が広がるの。

Advertisements