Fomalhaut >> nicovideo

risou feat. Hatsune Miku

Lyrics:

seiza o mi ni ikou to riyuu o tsukete
anata o tsuredashita nda
fuyu ni sukoshizutsu chikadzuku tabi ni
au riyuu o sagasu no ga fuete itta

a~a, dai sankakuda toka yoku wakaranai yo
anata no yokogao o mite ita dakena no

imasara anata ni, anata ni
tsutaetaikoto ga afurete iku
sanpo saki o aruku anata no ushiro
mitsumeru me no sakini wa watashi wa imasu ka?
soretomo hoka no darekaga
iya, kikanaide okou

kono mama, ima made o koeru hibi ga tsudzukeba
sore ga shiawasede
samu-sa no moto de kouhii o nonda
niga-sa ga, tonari no watashi ni yoku nite ita

kaketa benchi no hashi, umaranai kyori to
tada no hitokoto de kowasete shimaunoni

imagoro anata ni, anata ni
tsutaeru no ga kowaku natte iku
yoko ni ireba, itsuka wa tsutawaru ka na
bakada na anata ga ima, hanarete ikunoni

dore dake negatte ite mo

anata e no kimochi wa tsunotte iku
shiranai furi o shite kurereba
dore dake rakudeshou ka
dore dake tsuraideshou ka
son’na anata o suki ni natte ita

imasara anata ni, anata ni
tsutaetaikoto ga afurete iku
sanpo saki o aruku anata no ushiro
mitsumeru me no sakini wa watashi wa imasu ka?

ima made arigatou gomen ne
watashi ja hora, niawanai nda yo
yoko ni ite mo, futari de waratte ite mo
anata no me no sakini wa darekaga itakara

otozureru fuyu ga tsugeta sayonara

kotoba o tsutaetai to riyuu o tsukete
anata o tsuredashita nda
「tonari o aruite itakatta nda.
itsuka mita seiza wa oboetenai no.
anata ga mabushikatta no.」

Japanese:

星座を見に行こうと理由をつけて
あなたを連れ出したんだ
冬に少しづつ近づく度に
会う理由を探すのが増えていった

あぁ、大三角だとかよくわからないよ
あなたの横顔を見ていただけなの

今更あなたに、あなたに
伝えたいことが溢れていく
三歩先を歩くあなたの後ろ
見つめる目の先には私はいますか?
それとも他の誰かが
いや、聞かないでおこう

このまま、今までを越える日々が続けば
それが幸せで
寒さの下で珈琲を飲んだ
苦さが、隣の私によく似ていた

かけたベンチの端、埋まらない距離と
ただの一言で壊せてしまうのに

今頃あなたに、あなたに
伝えるのが怖くなっていく
横にいれば、いつかは伝わるかな
ばかだな あなたが今、離れていくのに

どれだけ願っていても

あなたへの気持ちは募っていく
知らないフリをしてくれれば
どれだけ楽でしょうか
どれだけ辛いでしょうか
そんなあなたを好きになっていた

今更あなたに、あなたに
伝えたいことが溢れていく
三歩先を歩くあなたの後ろ
見つめる目の先には私はいますか?

今までありがとう ごめんね
私じゃほら、似合わないんだよ
横にいても、二人で笑っていても
あなたの目の先には誰かがいたから

訪れる冬が告げたさよなら

言葉を伝えたいと理由をつけて
あなたを連れ出したんだ
「隣を歩いていたかったんだ。
いつか見た星座は覚えてないの。
あなたが眩しかったの。」

Advertisements