Laughing Mannequin >> nicovideo

NapoliP feat. GUMI

Lyrics:

mizubitashi no kutsu no naka
hieta ashi de asa o mukaeru
kinou ni oite kita o wakare de
nari yamanu hara mo akirame-gimida
doushite machi wa mata
zukazuka to egao torimodoseru no ka
sore tte kimitachi ga nani mo kanji renaku natta mitaidesho?

touboe ni shitatte
saigo ni wa waraeru you negatte hoe teru
sonotoki no omoi wa doko ni aru
hitaru jikan ga hoshii yo

little by little
wadachi to tomoni aru ima ni
yubiwa o hamete agemashou
little by little
ima, koko ni aru subetewo kanji
matotte,-me o mihiraite
ashita no boku ga
wasurenai you ni
surikizu ni shio kakete nameyou
kitto itai ne
ii sa, shibaraku shitara
nani mo kanjinaku naru

miwokogasu koidatta
azayaka-sa ni noma rete iyadatta
hitori yori mo futari no ho ga
sabishiku naru tte shiranakatta na
ai ttena ndaro na
fudan wa kangaenai youna koto mo ima wa
ken’o ni mamirete yuuhi to tomoni tsuburete ku nodesu

touku ni ike-souna yoru ga kita
ima to chigau nanika ni deae-sou
son de mata nobotta hi ga warau
baka ni shita you ni warau

little by little
kodoku to tomoni aru ima ni yubiwa o hamete agemashou
little by little
ima koko ni aru kanji ni yudane nagarete yuku nodeshou
mizutamari ni utsutta kao ga waraeru sonohi made
naite sugoshite
kitto tsurai ne
ii sa shibaraku shitara
sukoshi wa mashi ni narukara

aa kono ondo wa isshun de
ubawa rete shimaukedo
kioku o kimi no mune ni zutto
oka sete hoshiikara
aa karamatte hodokenai you
yayakoshiku nareba ii yo
shinu made boku no koto hikizutte aruite

little by litte
wadachi to tomoni aru ima o itoshiku omoeta
garasu de dekita kokoro o tatakitsukete wareba ii nda

Japanese:

水浸しの靴の中
冷えた足で朝を迎える
昨日に置いてきたお別れで
鳴り止まぬ腹も諦め気味だ
どうして街はまた
ずかずかと笑顔取り戻せるのか
それって君達が何も感じれなくなったみたいでしょ?

遠吠えにしたって
最後には笑えるよう願って吠えてる
その時の想いはどこにある
浸る時間が欲しいよ

Little by little
轍と共にある今に
指輪をはめてあげましょう
Little by little
今、ここにある全てを感じ
纏って、目を見開いて
明日の僕が
忘れないように
擦り傷に塩かけて舐めよう
きっと痛いね
いいさ、しばらくしたら
何も感じなくなる

身を焦がす恋だった
鮮やかさに飲まれて嫌だった
一人よりも二人の方が
寂しくなるって知らなかったな
愛ってなんだろな
普段は考えないようなことも今は
嫌悪にまみれて夕日とともにつぶれてくのです

遠くに行けそうな夜が来た
今と違う何かに出会えそう
そんでまた昇った日が嗤う
馬鹿にしたように嗤う

little by little
孤独と共にある今に指輪をはめてあげましょう
little by little
今ここにある感じに委ね流れてゆくのでしょう
水たまりに映った顔が笑えるその日まで
泣いて過ごして
きっと辛いね
いいさしばらくしたら
少しはましになるから

この温度は一瞬で
奪われてしまうけど
記憶を君の胸にずっと
置かせてほしいから
絡まってほどけないよう
ややこしくなればいいよ
死ぬまで僕のこと引きずって歩いて

little by little
轍と共にある今を愛しく思えた
ガラスでできた心をたたきつけて割ればいいんだ

Advertisements