departure >> nicovideo

YAS feat. Hatsune Miku

Lyrics:

futari aruku itsumo no michi
fumikiri tourikoshite
najinda eki no mae miageta sakura

gobu-go no ressha wa kitto
kimi to no kyori tsukuru
nagai hazu no machijikan
akireru kurai hayai yo

shimaru doa atarashii sekai e no iriguchi
sakura to namida ga koboreta

karamiatta te to te o
berunooto wa touzakete itta
kotoba ni naranai omoi o
dou tsutaeyou
ugokidashita mado-goshi ni
mai chirusakura-iro nijima sete
hitori tsubuyaku yo
「itsu no hi mo wasurenai」

itsuka mukae ni ikukara
matane tte te o futte
sayonara

kikadzukeba jikan ni owa re
tada sugiru mainichida
kimi to mita sakurairo
yume no you ni

kasunde shimai-souna son’na yoru wa
ano hi no egao to namida o omotte aa

itsuka mata mouichido
kiminotonari aruku hi no tame ni
inochi o kezutte mo kakenukete miseru
ugokidashita mado-goshi ni
amereteiku sekai kanjite ita
kokoro no hanbun kimi de dekite ita nda

mata sakura no kisetsu ga otozureru
kimi ni aitaiyo

shimaru doa atarashii sekai e no iriguchi
sakura to namida ga koboreta

karamiatta te to te o
berunooto wa touzakete itta
kotoba ni naranai omoi o
dou tsutaeyou
ugokidashita mado-goshi ni
mai chirusakura-iro nijima sete
hitori tsubuyaku yo
「itsu no hi mo wasurenai」

itsuka mata mouichido
kiminotonari aruku hi no tame ni
inochi o kezutte mo kakenukete miseru
ugokidashita mado-goshi ni
amereteiku sekai kanjite ita
kokoro no hanbun kimi de dekite ita nda

mada tabiji wa tsudzuite ku
itsu datte kimi ga
kawaranai kimigasukida yo

Japanese:

二人 歩く いつもの道
踏切通り越して
馴染んだ駅の前 見上げた桜

五分後の列車はきっと
君との距離つくる
長いはずの待ち時間
呆れるくらい早いよ

閉まるドア 新しい世界への入口
桜と涙が零れた

絡み合った手と手を
ベルの音は遠ざけていった
言葉にならない想いを
どう伝えよう
動き出した窓越しに
舞い散る桜色滲ませて
一人呟くよ
「いつの日も忘れない」

いつか迎えに行くから
またねって 手を振って
さよなら

気付けば 時間に追われ
ただ過ぎる毎日だ
君と見た桜色
夢の様に

霞んでしまいそうなそんな夜は
あの日の笑顔と涙を思って

いつか またもう一度
君の隣歩く日のために
命を削っても 駆け抜けて見せる
動き出した窓越しに
離れていく世界感じていた
心の半分 君で出来ていたんだ

また 桜の季節が訪れる
君に会いたいよ

閉まるドア 新しい世界への入口
桜と涙が零れた

絡み合った手と手を
ベルの音は遠ざけていった
言葉にならない想いを
どう伝えよう
動き出した窓越しに
舞い散る桜色滲ませて
一人呟くよ
「いつの日も忘れない」

いつか またもう一度
君の隣歩く日のために
命を削っても 駆け抜けて見せる
動き出した窓越しに
離れていく世界感じていた
心の半分 君で出来ていたんだ

まだ 旅路は続いてく
いつだって君が
変わらない君が好きだよ

Advertisements