identity >> nicovideo

Gogo Tea feat. Lily

Lyrics:

wakarete shimatta ito o
ta kuriyosete miru
kokizami ni furue teru
shiritakunakatta

yubisaki o tsutatta nigai mitsu
boku o osou shoudou
shouten o yugameta

ne~e kao o agete yo
bokuhakokoniiru
sono hitomi ni utsushite

koboreochite ku
namida no shingi o tou
kokoro wa warau
sakasama de

tenohira o kasanete wa
ondo o tashikameta
nanoni doushite
kon’nanimo aishite irunoni

sore wa kamen no shita kara
nozoita kiba no uso
kanashimi ni oboreta furi no
boku wa piero

toke-sou ni natta himo o
mouichido musunda
muishiki no sanbutsu de
imi nado nakatta

chirabatta kagami no hahen ga
boku no kage o musuu ni
utsushi de dashite ita

sono hitotsu o tsunde
nomikon datte
sakasama de

karada no oku no houde
zutto hibiite iru
makkurona koe
katachi ga nai
sorenanoni tashika ni sawareru

senaka o awasete
tatte iru ka no youna
hidarite ni nigitta naifu
「kimi ga piero?」

marude shanderia no you ni
tsurusa reta katamari o mite
nakinagara waratteru no wa
sou bokuda yo

son’na boku no nodobotoke ni
nibuku hikaru naifu no ha o
tsukitatete shita o namezuri
sotto sasayaita kimi mo sou
kitto bokuna ndeshou

ne~e dare no seina no?
bokuhakokoniiru
maboroshi o kowashite

yubisaki o tsutau
makkana amai mitsu
rizumu o kizamu
kakimazete

kokoro no oku no houde
zutto hibiite iru
makkurona koe
katachi ga aru
te o nobashite mireba sawareru

owaranai akumu no
hajimari tsugeru oto
mihiraka reta sono gankou

tenohira o kasanete wa
ondo o tashikameta
nanoni doushite
kon’nanimo aishite irunoni

sore wa kamen no shita kara
nozoita kiba no uso
kanashimi ni oboreta furi no
bokura piero

Japanese:

解れてしまった糸を
手繰り寄せてみる
小刻みに震えてる
知りたくなかった

指先を伝った苦い蜜
僕を襲う衝動
焦点を歪めた

ねぇ 顔を上げてよ
僕はここにいる
その瞳に映して

零れ落ちてく
涙の真偽を問う
心は嗤う
逆さまで

掌を重ねては
温度を確かめた
なのにどうして
こんなにも愛しているのに

それは仮面の下から
のぞいた牙の嘘
悲しみに溺れたふりの
僕はピエロ

解けそうになった紐を
もう一度結んだ
無意識の産物で
意味などなかった

散らばった鏡の破片が
僕の影を無数に
映し出だしていた

その一つを摘んで
飲み込んだって
逆さまで

体の奥の方で
ずっと響いている
真っ黒な声
形がない
それなのに確かに触れる

背中を合わせて
立っているかのような
左手に握ったナイフ
「君がピエロ?」

まるでシャンデリアのように
吊るされた塊を見て
泣きながら嗤ってるのは
そう 僕だよ

そんな僕の喉仏に
鈍く光るナイフの刃を
突き立てて舌を舐めずり
そっと囁いた君もそう
きっと僕なんでしょう

ねぇ 誰のせいなの?
僕はここにいる
幻を壊して

指先を伝う
真っ赤な甘い蜜
リズムを刻む
掻き混ぜて

心の奥の方で
ずっと響いていた
真っ黒な声
形がある
手を伸ばしてみれば触れる

終わらない悪夢の
始まり告げる音
見開かれたその眼光

掌を重ねては
温度を確かめた
なのにどうして
こんなにも愛しているのに

それは仮面の下から
のぞいた牙の嘘
悲しみに溺れたふりの
僕ら ピエロ

Advertisements