鉄の弦の感情。>> nicovideo

Haniwa feat. Hatsune Miku

Lyrics:

asu no kizu wa
sure te kieru hazu no
yuuhi narabu karasu
boku o sashien de,

isou zureru
sore ra kanata
koe ga
azakeku,
nageku,
sawagu. sore ga iyashiku te.

daraku su beku sugi ta tokei,
uso no kabe ga semari
toi ni madou.
「shira nai na.」

kusaru hodo ni amaru
shin no kanju,
yureru,
yureru.
sore wa,
sore wa.
daiji da nee.

yasashii kabe bakari
fueru n da.
kao mo koe mo,
enzuru you ni.
kanashii koto nante
kakusu n da.
nise ta kao no
emu sanjou de.
munashii koe datte
kasumu n da.
kuchi ta oto wa
kiki taku
nai ya.
yuuei, nai de.
tada,
sonna fuukei ni
tobiori taku te.

sasaru.
kobiru.
to kiru.
kageru.
moguru.
kakuru.
shimeru.
areru.
kan somaru.
shira nai yo?

nigaku.
tsuraku.
ki tsuku.
azamuku.
giaku.
aegu.
kashigu.
umeku.
kimi ga warui n da.

tetsu no gen ga boku o warau hiruma,
sabi ta aka ga suna to kemuru senkou
wa, hashiru kimi o hashita ni nagame wazu
ka wakaru.
yume ga wareru katei,
shiru saigo.

deau asa wa, sore wa sore wa hare
re ta sora ni nagareru kumo ga shiroi,
「gensou da.」
un da kizu ga okasu nou to, odoru ri
sou jimonjitou.
「kurui chigau you.」
dasei mushiru boku o naderu toki wa damari,
yagate mei o kezuru, shira nu ma ni.

sore wa boku ni shirasu.
「kimi ga kimi ni dekiru koto wa mohaya aru koto dake?」
to.

yasashii kabe
datte
kowasu n da.
douse dare no
tasuke mo
nai yo.
kanashii kao
datte
sarasu n da.
dou da?
warae. Ki ga
kuruu made.
okashii koe
datte
aege ru n da.
kushi ta wake wa
shiri taku
nai ya.
yuugen, nai te.
tada, sonna kanjou dai tari shi te sa.

Japanese:

明日の傷は
擦れて消える筈の
夕日並ぶ烏
僕を刺し笑んで、

位相ずれる
其れら彼方
声が
嘲く、
嘆く、
騒ぐ。それが卑しくて。

堕落すべく過ぎた時計、
嘘の壁が迫り
問いに惑う。
「知らないな。」

腐る程に余る
心の甘受、
揺れる、
揺れる。
それは、
それは。
大事だねぇ。

優しい壁ばかり
増えるんだ。
顔も声も、
演ずる様に。
悲しい事なんて
隠すんだ。
偽せた顔の
笑む惨状で。
虚しい声だって
霞むんだ。
朽ちた音は
聴きたく
ないや。
夕影、凪いで。
ただ、
そんな風景に
飛び降りたくて。
刺さる。
媚びる。
途切る。
陰る。
潜る。
隠る。
閉める。
荒れる。
感染る。
知らないよ?

苦く。
辛く。
気衝く。
欺く。
偽悪く。
喘ぐ。
傾ぐ。
呻く。
君が悪いんだ。

鉄の弦が僕を嗤う昼間、
錆びた赤が砂と煙る閃光
は、走る君を端に眺め僅
か解る。
夢が割れる過程、
知る最後。

出会う朝は、それはそれは晴
れた空に流る雲が白い、
「幻想だ。」
膿んだ傷が犯す脳と、踊る理
想自問自答。
「狂い違う様。」
惰性毟る僕を撫でる刻は黙り、
やがて命を削る、知らぬ間に。

それは僕に知らす。
「君が君に出来る事は最早在ることだけ?」
と。

優しい壁
だって
壊すんだ。
どうせ誰の
助けも
無いよ。
悲しい顔
だって
晒すんだ。
どうだ?
笑え。気が
狂うまで。
犯しい声
だって
喘げるんだ。
腐した訳は
知りたく
ないや。
夕幻、鳴いて。
ただ、そんな感情抱いたりしてさ。

Advertisements